じゃがいも

フライドポテトの種類!フライドポテトはカットのしかたで種類わけ

フライドポテト種類 カット


じゃがいものカロリーを料理別で見ていたら、フライドポテトの種類がいろいろあって、びっくりしました。

けど、なんだかんだ言って、みんな食べたことあるフライドポテトばっかりです。

フライドポテトの種類、じゃがいものカットのしかたによって種類分けされています。

同じじゃがいも調理でも、カットの種類によってカロリーが変わってくるのは意外です。




フライドポテトの種類

フライドポテトのじゃがいものカットのしかた、みなさんもうすうす気づいていらっしゃるかと思いますが、こんなにあります。

1⃣シューストリングポテト

マクドナルドやロッテリアがこのタイプ。

シューストリングは靴ひもの意味で、細く長いタイプのフライドポテトです。

じゃがいもを細くカットして揚げるので調理時間は短いのですが、冷めて品質がおちるのも早い。

私がアルバイトしていた頃は、マクドナルドでは揚げてから7分で廃棄していましたが。

 

2⃣ナチュラルカット、ウェッジカットポテト

ナチュラルカットポテト皮つきでくし形のフライドポテト。

メイン料理の付け合わせにもこの形でついてくることがよくあります。

サブウェイのポテトフライはこんな感じです。びっくりドンキーは皮つきではないけど、太さはこれくらい。

 

食べごたえがあって、じゃがいもの皮の香ばしさが味わえます。

私はこのタイプが好みかな。フライドポテトの中でホクホク感も味わえますし。何といっても、マヨネーズがたっぷり絡まります(笑)

 

3⃣レギュラーカット、ストレートカットポテト

レギュラーカットポテト

名前の通り、ストレートにそのままカットしてあります。

シューストリングポテトの1.5~2倍太いフライドポテトです。

じゃがいものしっとりと表面のカリっと感がポテトのおいしさを引き立てます。

 

モスバーガーで食べられるこのタイプ。モスは、メニュー全体が魅かれます。ガストの山盛りポテトフライもこれですね。

ケンタッキーもこのタイプですが、最近はカーネリングポテトが人気ですね。

 

4⃣クリンクルカットポテト

クリンクルカットポテト

昔ながらのフライドポテトで、冷凍食品でよく見かけます。

波状にカットされているので、最初の口当たりがカリっとしています。

コンビニのミニストップで売っているのを食べたことがあります。

 

5⃣ハッシュドポテト(ハッシュポテト)

ハッシュポテト

細かく刻まれたポテトを成型したもの。

冷凍食品では、オレアイダの大判のものから、マクドナルドのブレックファストのサイズ、細めもあります。

フライドポテト用にカットされた、じゃがいもの切りおとし・切れ端を使って成型されています。こうして無駄なくじゃがいもは食べられています。

カットされたじゃがいもの口当たりと、外側のカリっと感が食欲をそそるポテトです。

Jiddy
Jiddy
揚げたり焼いてる最中にこわれやすいので、お皿に取るときに気をつけてくださいね。

 

6⃣テイスティテーター(テースティーテーター)

テイスティーテーター

ハッシュドポテト同様、切り落としのポテトを集めて成型したもの。

ハッシュドポテトよりも小ぶりで一口サイズ。

 

7⃣カーネリングポテト

カーネリングポテト

このポテトの名前、聞いたことあると思ったら、ケンタッキー・フライドチキンのポテトが一時期このカーネリングポテトに変わっていました。

ケンタッキー・フライドチキンのオリジナルのようです。

皮つきのじゃがいもをひねりを入れた形でカットし、薄衣でコーティングして揚げたもので、肉厚にカットされています。かなり食べ応えあり。

かなりの人気でしたが、現在はストレートカットポテトに戻っています。

 

8⃣ラティスカットポテト、ワッフルポテト

ラティスカットポテトじゃがいもを網目状にカットして揚げた、おしゃれ感覚のフライドポテト。

以前は、コンビニのミニストップやファミリーレストランのCOCOSで食べることができました。

このポテトを作るには、専用カッターが必要みたいです。

 

9⃣スパイラルカットポテト

スパイラルカットポテト

 

らせん状にクルクルとカットされています。衣をつけて揚げることが多いようです。

外はカリっと中はホクホク。

 

🔟トルネードポテト

トルネードポテトこれがトルネードポテト。ハリケーンポテトとも呼ばれます。

とにかく長い!

食べても食べてもなかなかなくならないので、トルネードポテトを食べている間は、ポテト好きには至福のひとときです。

日本でも夜店で売っているのを見かけたことがあります。

トルネードポテトは、じゃがいもを皮つきのままでツイスト状に薄くカットしてから、じゃがいもの切り込みを広げて揚げます。

衣をつけてサクッとした食感のものと、衣をつけずポテトのみを揚げてカリッとしているものがあります。

韓国やコリアンタウンでも人気で、揚げたトルネードポテトにフレーバーをかけて提供してくれます。

私が知っているフレーバーは、チーズ、ハニーバター、塩、チリ味です。確かお店によってフレーバーは違っていたような…。




【フライドポテトの種類はカット方法で分けられる】まとめ

フライドポテトがじゃがいものカットのしかたによって、たくさん種類があることが判明しました。

シューストリングポテト

ナチュラルカットポテト、ウェッジカットポテト

レギュラーカット、ストレートカットポテト

クリンクルカットポテト

ハッシュドポテト

テイスティテーター

カーネリングポテト

ラティスカットポテト、ワッフルポテト

スパイラルカットポテト

トルネードポテト、ハリケーンポテト

ここに紹介しただけでもなんと10種類。

 

私は、最近⑩トルネードポテトにはまっています。韓国行ってまた食べたい!

 

じゃがいものカットのしかたによる種類によって、フライドポテトのカロリーに開きがあるんです!

フライドポテト、ポテトチップス、ポテトサラダカロリー
じゃがいも カロリーは高い?太る?フライドポテト|ポテトチップス|ポテトサラダ編 じゃがいもは野菜なのでカロリーは低いと考えて、気にせず生きてきました(笑) 実は、じゃがいものカロリーは高いのか?太るのか? じ...

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」