じゃがいも

じゃがいもの保存! 理想的なじゃがいもの保存方法は?

じゃがいも 保存


じゃがいもの保存ってあんまり考えていませんでした。

じゃがいも、買ってきてすぐ使わない時、どうやって保存していますか?

これまでうちは、じゃがいもは、親が常温保存で冷蔵庫の横にごろごろと置いていました。

それってどうなの?と思っていた私。

自分で食材を買うようになってからは料理雑誌を見たり調べたりして、現在に至ります。

 

いろんなじゃがいもの保存方法があるようですが、じゃがいものおいしさを保ちながら、自分がやりやすい保存方法を探していきましょう。

 

じゃがいもの保存方法(基本は常温・暗所保存)

じゃがいも

じゃがいもの保存、基本は常温または暗所へ

じゃがいもの保存方法 3通り

常温(涼しめ)

暗所保存

冷凍保存

最初は、ネットに入れて吊る下げ
→改善変更後 現在 新聞紙に包んで暗くてできるだけ涼しいところに保存

Jiddy
Jiddy
ネットは百均で売ってますよ。野菜保存専用のネット。

基本の常温・暗所保存をお伝えします。

◆じゃがいもの冷凍保存はこちらから
【じゃがいもの冷凍方法いろいろ】

じゃがいも冷凍保存
じゃがいもの冷凍保存の方法じゃがいもってけっこう日持ちするから、わざわざ冷凍しなくてもいいのではないか⁈ 私、じゃがいもの保存のしかたを調べていてそう思いました...




じゃがいもの保存(夏場以外)

夏場以外のときは、基本暗所で常温(涼しめ)に保存

冷暗所でなく、常温保存で暗い場所で大丈夫です。

※気温5℃がじゃがいも保存に最適という情報もありますが、低温に弱いじゃがいも、私は涼しい暗所に保存しています。

じゃがいもは温度変化を嫌いますので、保存の温度が低いと食感が変わり、じゃがいもにしわが寄ります。みずみずしさも失われていきます。

 

じゃがいもの常温・暗所保存、うちではこうやっています!

日光や蛍光灯の光に当たらないように、じゃがいもの上にかぶせものをして 光をさえぎっています。

明るいと芽が出やすくなって、じゃがいもが緑色になってしまうので。

新じゃがいもも保存方法は同じです。

  1. かぶせるのは、古新聞。
  2. 密封しないように古新聞に穴をあけて、じゃがいもの上にかぶせて保存します。
新聞紙に穴

新聞紙に穴、私は包む前に菜箸でプスプスと開けています(笑)

新聞紙の見開きを1枚、半分に折って片手で新聞紙を持つ、もう片手に菜箸。

これで新聞紙を刺す感じです。

 

たくさん穴を開けなくても大丈夫です。

気合いが入りすぎるとお箸を握る手に力が入って、新聞紙に大きく穴が開きすぎて新聞紙が破れます  (;^_^A

じゃがいもを新聞紙に包んでから穴を開けようとすると、じゃがいもを傷つける場合があるので注意。

新聞紙にはさみで切り込みを入れてもいいかもです。

Jiddy
Jiddy
新聞紙で包むと じゃがいもがばらけてしまう、面倒だという場合は、紙袋や麻袋に入れて、穴を開けた新聞紙を上からかけるのもありです。

うまく新聞紙に穴を開けて、風通しをよくして、じゃがいもの劣化を防ぎます。

新聞紙が湿気てきたら、交換をしましょう

 

なぜ、じゃがいもは常温保存?

じゃがいもは低温に弱い

じゃがいもを冷蔵保存すると、口あたりが少しザラついて、味も変化してしまうから。
(変化した味を好む方もいらっしゃるかと。まずくなる訳ではありません。)

じゃがいもは温かくなると発芽する

もうひとつ、温度が高くなると、じゃがいもはすぐに発芽体制に入ります。

発芽すると、芽の部分には毒素が発生して、保存期間も短くなってしまうのです。

 

 

じゃがいもの保存、暑い夏場は冷蔵保存

猛暑の夏は、常温保存もNGです。

夏の常温は、尋常でないですから…。

 

夏場に常温保存すると、芽が出やすくなって、品質がどんどん変化していきます。

芽が出ると、芽を取り除くのもやっかいですし、食べられるじゃがいもの量も減ります。

ということで、暑くなってきたら、じゃがいもは冷蔵保存

しかし低温に弱いじゃがいも、冷やしすぎは禁物です。

夏場といっても、気温はどれくらいになったら、冷蔵保存すればいいですか?

Jiddy
Jiddy
20℃を超えるようになってきたら、新聞紙に包んで野菜室へ入れます。

冷蔵保存の時は、野菜室へ

夏場のじゃがいもの常温保存は芽が生えやすく、品質も落ちます。
そこで夏は冷蔵庫で保存することになります。

じゃがいもを冷蔵保存する時は、冷蔵室より温度が少し高めの野菜室保存

温度が低すぎると早くいたみますので、冷蔵保存よりは野菜室保存が適しています。

しかし、じゃがいもを何も包まず、裸のまま冷蔵すると乾燥してしわが寄ります。

他の野菜と接触して傷む場合もあります。

  1. じゃがいもを重ならないように新聞紙で包む(新聞紙は穴は開けなくて大丈夫)
  2. スーパーの袋やビニール袋に入れる
  3. じゃがいも周辺にゆとりをもって野菜室へ入れる

 

じゃあ野菜室がないときは?

夏場は、気温が高くなり発芽が進みやすいので、野菜室がないときは、冷蔵室で保存します。

野菜室がない、いっぱいの時は、私は、野菜室よりも1枚多めの新聞紙で包んで、スーパーの袋に入れて口を軽くしばって冷蔵室に入れます。

冷蔵室での保存の場合のみです。 けど、長く保存することはありません。

買ってきてから間なしのうちに食べるのがいいと思っているので。




 

じゃがいもの冷凍保存もあり!

じゃがいもの発芽、緑化がめんどうな場合は、じゃがいもの冷凍保存もありです。

ただし、冷凍していない生のじゃがいもと比べると、風味や食感は若干異なります。

(好みによると思います。冷凍じゃがいものメリットは、発芽・緑化する前に下ごしらえができるというところですね。

 

冷凍じゃがいもは1か月ほど保存ができます。

【じゃがいもの冷凍方法いろいろ】

じゃがいも冷凍保存
じゃがいもの冷凍保存の方法じゃがいもってけっこう日持ちするから、わざわざ冷凍しなくてもいいのではないか⁈ 私、じゃがいもの保存のしかたを調べていてそう思いました...

 

じゃがいもの保存、注意すること

光にあててはいけない

湿気を避ける

なぜ じゃがいもに光をあててはいけない?

日光

じゃがいもを光にあててはいけない理由は、じゃがいもの「緑化」を防ぐため

時に、薄いきみどり色っぽいじゃがいもを見たことはありませんか?

じゃがいもに光が当たると、じゃがいもが光合成をして皮が緑色になってしまいます。

売り場で見かけたことのある緑色のじゃがいもは、日光に当たったじゃがいもだったのかとやっと理解。

【緑色のじゃがいもは食べてもいいのか?】
品質はもちろん落ちています。

じゃがいもが緑に?じゃがいもの緑 食べても大丈夫?緑色のじゃがいも、見かけたことはありますか? これ、じゃがいもを扱うなら知っておかねば!! 私も知らなかった、緑のじゃがいも...

 

じゃがいもの保存は湿気を避ける

湿気・結露

さらにじゃがいもの保存に「これでいいのか?」と自分で問いかけて確認してみると、

じゃがいもは、湿気を嫌います
土がついていると湿気を呼び込みます 』

そうなんだ。

ここで確認です!!

Jiddy
Jiddy
じゃがいも、保存する時に洗っていませんか?洗ったら湿気ますよ!!

土がついてるのはどうするんですか?

Jiddy
Jiddy
洗って土を落とすとまた湿気を呼び込むから、土を落として乾燥させてから保存します。

 

さらに『 保存用に使っている新聞紙も湿気ることがあるので新聞紙を交換

これ、忘れずに新聞紙の交換を。わが家はその前に食べてしまう傾向ですが。

口に入れる食材って、デリケートですよね。




 

じゃがいもの保存期間、日持ち

じゃがいもを常温・暗所保存や野菜室保存した場合、日持ち(新聞紙に包んだ状態で)

◆常温保存、冷暗所保存、過ごしやすい気候の常温保存なら、1週間ほど

◆冬場の気温での保存は 1~2か月

Jiddy
Jiddy
1~2か月は、尺があり過ぎるので、私は1か月過ぎたら、品質が落ちていく前に 早めに食べるようにします。

箱にいっぱいのじゃがいもは、最大2か月で食べきるという感じでしょうか。

箱にいっぱいのじゃがいもの保存

箱買いだとダンボールに満タン。

箱のじゃがいもも、保存環境を整えましょう。

  1. できるだけじゃがいもが重ならないように小分けにする
  2. 穴を開けて通気をよくした新聞紙をじゃがいもの上にかぶせる
  3. 新聞紙のすきまから日光や蛍光灯の光が入らないよう、新聞紙でしっかりおおう

 

くいしんぼうの私は、できるだけおいしく食べたいので、2か月保管することはまずないです。

うまく保存しておかないと、じゃがいもの芽も出てくるし、緑化して緑色になってきます。

【じゃがいもの芽には毒がある?】

じゃがいも 芽
じゃがいもの芽が出た! じゃがいもの芽=毒!食べたらどうなる? 一年を通して食べられるじゃがいも。 じゃがいもは保存が効く食材なので、しばらく置きっぱなしにしていると、いつのまにか芽が出てき...

【補足】 新じゃがいもの日持ちは短い

新じゃがいもは、水分が多いので日持ちしません。

穴を開けた新聞紙で包む、紙袋に入れるなどして常温で冷暗所保存で、日持ちは1週間~10日ほど

せっかくの新じゃがいも、買ってきたら旬を味わうためにも、早めに食べるとおいしいです。

新じゃがは皮ごとがおいしい。

 

【 じゃがいもの常温・暗所保存 】まとめ

じゃがいも 保存

じゃがいもは常温(涼しめ)で暗所保存が基本。

夏は野菜室や冷蔵室で、じゃがいもを新聞紙などで包んで、状態を整えて保存

日持ちは、新じゃがは1週間から10日、新じゃが以外は1か月~最大3か月

じゃがいもの冷凍保存もあり。冷凍保存は1か月くらい日持ち

 

◆じゃがいもの保存、注意すること

低温に弱い

光にあててはいけない

湿気を避ける

 

 

どの保存方法でも、じゃがいもをぎゅうぎゅうに詰めて保存するのはNGです。

 

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」