保存

冷暗所保存の冷暗所とは? 冷暗所の温度って決まってるの?


常温保存については、前回の記事でざっくり自分なりにまとめてみました。

常温保存の「常温」って?食べ物や食材の保存方法に、「常温保存」「冷暗所保存」があります。 「直射日光を避け常温で保存」 そう表示してあっても、冷蔵庫に入れず...

もうひとつ、保存方法でこんな風に表記してあることがありますよね。

「光のあたらない湿気の少ない冷暗所で保存してください」

「冷暗所」ってどれくらい冷たくて暗いところ?

 

常温保存と冷暗所保存が温度的に違うのはわかったけど、その上でどうすればいいか調べてみました。




冷暗所保存

書いて字のごとくのような冷暗所ですが…。

冷暗所とは?

冷暗所…14℃以下の風通しのよい 直射日光の当たらない場所。

 

そこに手を置くとひんやりとした感覚の場所、という感じ…。

常温保存の15~25℃の環境よりは、かなり寒々しい温度です。

肌寒いと感じるくらいの日光が当たらない暗い場所で、温度変化があまりないところも冷暗所と言えます。

食品や食材によっては、常温での保存は品質が劣化しやすく、常温では長く保存が効かないものは冷暗所保存となるようです。

冷暗所になり得る場所/3か所+α

 

あえて「冷暗所になり得るところ」としたのは、建物やご家庭の状況により、温度や湿度が一定しない場合があるためです。

 

冷暗所になり得るところは3か所

①冷蔵庫(特に野菜室)

➁キッチン上部・コンロ下の収納スペース

③玄関

④その他:常に14℃以下の風通しのよい 直射日光の当たらない場所

①冷蔵庫

冷蔵庫は常に温度が1~5℃くらいに保たれています。そして、冷蔵庫が閉まっているときは真っ暗なので、冷蔵庫もよく「冷暗所」と言われます。

反面、冷蔵庫は扉の開け閉めが多いので、温度の変化が多く「冷暗所」の定義である「温度が低く一定に保たれた場所」とはちょっと違うのではないか?という意見もあります。

明らかに冷蔵庫の扉の開け閉めがかなり多い場合は、貯蔵の役割が減少するので、控えたほうがいいかもしれません。

 

冷暗所としての冷蔵保存は、夏場に活用を。

夏場など、どの場所も暑いなら冷蔵庫、あれば温度が冷蔵室より控えめの野菜室で保存するのがおすすめのようです。

ネット上の情報も、高温多湿時の冷暗所保存として野菜室を推しています。

 

野菜室は5~7℃に設定されており、冷暗所としてちょうどいい温度。

特に湿気が多い蒸し暑い時期は活用できます。

➁キッチン上部・コンロ下の収納スペース

みなさん、お鍋や調味料などを入れていることが多いと思います。

うまく収納して、冷暗所として活用することが可能です。

温度も一定していますが、夏場や湿気が多い場合は、未開封やしっかり密封したもののみ保存を。

気になる場合は、夏期は冷蔵保存がおすすめです。

キッチン上部の収納スペースからの取り出しには、十分気をつけてください。

③玄関

意外と冷暗所に向いている場所です。

ドアの開け閉めによって換気がされ、風通しがよくなります。

ただし、人の出入りが頻繁であることから、食品などを保存することで、玄関スペースを圧迫して生活の妨げにならないことが必須です。

玄関に収納BOXや棚など、スペースを追加するのもひとつの方法です。

④上記以外で冷暗所に適する場所は?

常に14℃以下の風通しのよい 直射日光の当たらない場所、これらを満たせば大丈夫です。

夏は外気温、冬は暖房の影響で温度が変化しないところ。

 

これらの条件が満たされた場所として、

ベランダ、廊下、階段下・階段脇、ガレージがありますが、

季節によって影響を受けて温度や湿度が変化するならば、冷暗所としての保存は控えましょう。

 

ガレージは、屋根・シャッターつきはおすすめですが、収納したものを室内にもってこなければいけないという、面倒さがあります。

 

冷暗所に適する場所はいろいろあると思います。あとは、そこに保存しての使い勝手ですね。

つねに常温以下で、光の当たらない場所を見つけて下さい。




冷暗所保存におすすめできない場所/3か所

3か所を冷暗所保存に向かない場所に挙げました。

①シンク・洗面下の収納スペース

➁冷蔵庫周辺

③床下収納

なぜ冷暗所保存に向かないかひとつずつお伝えします。

①シンクや洗面下の収納スペース

シンク・洗面の下部分は確かに光を遮ることができますが、お湯が流れるので温度が一定でなく、湿気も多くなってくる可能性もあります。

 

そのため、シンク・洗面台下スペースは、冷暗所としては向いていないです。

常温保存も温度変化を考えると控えたほうが理想です。

➁冷蔵庫周辺も冷暗所に向いていない

家の間取りによっては、冷蔵庫の大きさなどによってデッドスペースができやすいので、冷蔵庫周辺の空スペースを収納や保存場所にされている場合もあるかと思います。

冷蔵庫周辺も温度に変化が生じやすいです。

 

冷蔵庫自体は、冷蔵庫内を冷やすために電力消費、放熱していますので、本体は熱を発しています。

そのため、冷蔵庫側面やドアの付近は温度が高いので、冷蔵庫周辺では、食品や食材の保存はおすすめしません。

常温保存も控えたほうがいいです。

③床下収納

床下収納は、建物の構造によって状況が異なります。床下は、暗くて日光などの光が入らない場所ですが、温度や湿度が安定していない場合があります。

ネット上では冷暗所として床下収納が出てきます。

 

私のこのサイトは、食品や食材をメインにしているので、食品や食材の冷暗所保存の場所として、床下収納はおすすめしない結論に。

(ご家庭の床下収納の設置環境によっては、冷暗所保存として十分機能している場合もあると思います。一般的には「食品保存用の冷暗所」としておすすめしないという方向性です。

おすすめしない理由は、

一般的に床下は、温度上がりやすく、湿気がこもりやすい。カビも生えやすい。

(近年、床下収納が進化しているかもしれませんが…。)

 

もし、床下収納を冷暗所として食品を保存するなら、ご自分の家の床下収納の四季を通じての状態を把握した上での活用が大切です。

床下は、特に梅雨の時期や夏場に状態が変化しやすいです。暖房器具が近くにある場合も影響を受ける可能性があります。

 

ちなみに、床下に入れるものは、しょっちゅう使わないもの・重くないものであること。

でないと、床下から出してくるのが負担になります。

ちょうどいい冷暗所がない場合/自分で冷暗所を作る、簡単にできる!!

ご家庭によっては、常にエアコンで温度変化がある所と、極端に暑い・寒いところしかない場合があったりします。

食品を保存するには使い勝手が悪いなど、思い通りの冷暗所が確保できない場合もあります。

 

適度な冷暗所がない場合、「冷暗所を自分で用意する」という情報が出てきたのでお伝えします。

お手製冷暗所/①置き場所確保 ②冷暗所ボックスを用意 ③効果的に使う

①お手製の冷暗所を置くスペースを確保

置き場所は自由ですが、暖房をつけない場所に置きます。

➁用意するもの

 ふたつきボックスタイプの発泡スチロール
(クーラーボックスも可、ただし、野菜を保存する場合は排水穴のあるもの)

 夏場は保冷剤

 あれば大きめの保冷バッグ

発泡スチロールは断熱材ですので、暑さの影響を受けにくいです。

 

 

③使い方

 冬はそのまま、夏は保冷剤を入れて温度調節。

保冷剤は、底・側面に入れます。枚数は保存時間に合わせて調整を。

 野菜を保存する時は、野菜の呼吸のために底の部分に何か所か穴を開けて保存。酸素不足にならずに野菜が長持ちします。

野菜は、くれぐれも保冷剤に直接当たらないようにして下さい。保冷剤の上にのせる場合は、野菜を新聞紙でくるんで冷たさから守りましょう。

 

発泡スチロールボックスは、クーラーボックスに代用可能です。

クーラーボックス内に水がたまったら、クーラーボックスのドレン(排水穴)から水を抜きます。

(ドレン- 排水穴がないものは野菜の保存はしない) 野菜にカビが生えます。

 

さらに冷暗所効果を長持ちさせるには…

ふたつきボックスタイプの発泡スチロールやクーラーボックスの中に、

①保冷剤を入れる
(底とサイドに立てていれる。枚数は置いておく時間に応じて変える)

➁大きめの保冷バッグを入れる

③保冷バッグの中に保存するものを入れて口を閉じる。

野菜は、呼吸させるために保冷バッグの口は閉めない。

 

※クーラーボックスには、使わない時は折りたためるソフト素材でできた「ソフトクーラーボックス」があります。

ソフトクーラーボックスは、持ち運びやすいバッグタイプのものもあります。ただし、保冷力は、ハードタイプのクーラーボックスには劣ります。

 

暑い夏、梅雨は保冷剤の確保、交換が面倒ですが、冷暗所として十分役割を果たしてくれます。

【冷暗所とは? 冷暗所の温度は? 】まとめ

冷暗所とは、14℃以下の風通しのよい 直射日光の当たらない場所。

冷暗所になり得るところは3か所+α

冷暗所におすすめしない場所
①シンクや洗面下の収納スペース
➁冷蔵庫周辺
③床下収納

冷暗所がない場合のお手製冷暗所は発泡スチロールボックスを使う

 

今どきの冷暗所で保存するものは、梅雨や猛暑の時期以外は、湿気を逃がせば常温でもまずまず日持ちするようです。

しかし、冷暗所保存のものは、やはり常温保存では風味などが落ちていくので、適切に冷暗所で保存したいですね。

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」