保存

野菜の保存方法 一覧(50音順)|保存方法を工夫しておいしく長持ち

野菜保存一覧アイキャッチ

これまでは、野菜の保存は野菜ごとにまとめていましたが、一覧で保存方法を見れるとわかりやすくなるかも…。

そんな気まぐれな思いから、「野菜の保存方法 一覧(50音順)|保存方法を工夫しておいしく長持ち」と題して一覧にしてまとめていくことにしました。

今のところ、代表的な野菜について記していきます。

野菜の種類は追加していきます。

では、「野菜の保存方法 一覧(50音順)|保存方法を工夫しておいしく長持ち」

野菜をおいしく保存していきましょう。

野菜の保存方法 一覧(50音順)!

野菜盛りだくさん

野菜の保存、基本はこれです

野菜はこの4つに弱いです。
※野菜によって例外はあります。

  • 低温
  • 湿気
  • 水気
  • 乾燥

できればひとつずつ新聞紙やキッチンペーパー、ラップに包んで、ビニール袋に入れて保存するのがいいくらい、デリケートな食材です。

野菜を保存する時は、野菜に付いている水気や水分をしっかり拭き取ります

保存の時の野菜の姿勢・置き方は、野菜が育っている時と同じ状態にします。
畑で育っている時の姿に、自然な状態に近づけるのがベスト。

食べてはいけない状態

見た目と匂いで確認。

  • 一部が溶けたりやわらかくなってドロッとしている
  • 茶色い水が出てきている
  • ぬめりがある
  • 芯や葉などが変色している
  • 異臭(すっぱい・鼻にツンとくるにおい)がするなどで判断
Jiddy
Jiddy
上記の食べてはいけない状態にどれかひとつでも野菜の劣化状態があてはまっていたら、食べずに廃棄しましょう。

か行

かぶ

・葉を切り落とす。
・葉っぱも根も乾燥しないようにラップに包むか、ポリ袋へ入れる。
・野菜室で保存。

保存期間:葉は3日程、根は1週間目安

かぼちゃ・ワタと種を取る。
・水気をしっかり拭き取る。
・ラップにくるんでビニール袋に入れる。
・野菜室で保存

保存方法:常温で2~3ヶ月
カットしたものは冷蔵庫で約4~5日間
冷凍庫は1ヵ月保存可

かぼちゃ保存
カボチャの保存方法を丸ごととカットでご紹介!冷凍保存も可能!カボチャを煮つけようと野菜室を見たら、スーパーで買ってきたラップに包まれたカボチャにカビが生えていました。 買ってきてそんなに経ってな...

 

きのこ類

・余分な水分をキッチンペーパーなどで拭き取る。
・ラップに包んで冷蔵室で保存。
※野菜室はきのこにとっては温度が高いので、冷蔵室保存。

 

キャベツ

野菜室保存冷蔵室保存へ変更しました。(冷蔵室保存がより鮮度を保てるため)

<ひと玉丸ごと保存>
・芯をくり抜く
・芯をくり抜いた穴に水分を含ませたペーパータオルを詰めておく。
・軽く湿らせた新聞紙で包む
・芯を下にしてビニール袋に入れて冷蔵室で保存
※必要な分を葉をはがして使う
保存期間:丸ごとなら上記冷蔵保存で約2週間

<半玉、4分の1カットで保存>
・購入時のラップをはずす
・軽く湿らせた新聞紙で包む
・ビニール袋に入れて冷蔵室で保存
保存期間:丸ごとなら上記冷蔵保存で約1週間。保存4日目くらいから味が落ちていきます。

※千切りキャベツは切り口から傷んでいくのですぐに食べ切りましょう。
※切り口が黒くなったキャベツは、黒い部分を切り落として食べられますが、葉が溶けている、水が出ている、ぬめっているなどは処分。

 

きゅうり

・水分が出ていたら拭き取る
・袋に入れたまま、立てて置く
・野菜室で保存

 

小松菜

・乾燥を防ぐために湿らせたキッチンペーパーでくるむ
・野菜室に立てて保存

 

 

さ行

さつまいも

・風通しのいい冷暗所で保存。
※12~2月の寒さに要注意。

 

じゃがいも

・日の当たらない風通しのいいところで保存。
※低温に弱いので、冷蔵庫内はできるだけ控える。

 

 

た行

玉ねぎ

・日の当たらない風通しのいい場所で保存。
または
・新聞紙やペーパータオルで包み野菜室で保存。

 

 

な行

なす

・低温と乾燥に弱い
・表面の水気を拭き取って、一本ずつラップに包む
・野菜室で保存

 

 

は行

白菜

・野菜室で立てた状態で保存。
・カット白菜や使い切れなかったものは、ラップでしっかり空気が入らないように包んでチャック付き保存袋に入れて野菜室で保存。

 

ほうれん草

・湿らせたキッチンペーパーで包む。
・野菜室で立てて保存。
※すぐに使わない時は、固めにゆでてしっかりと水分を絞ってから、小分けにして冷凍保存

 

今後も増やしていきます。

まとめ

野菜サラダ

今回は「野菜の保存方法 一覧(50音順)|保存方法を工夫しておいしく長持ち」と題してお伝えしています。

野菜の保存、情報を追加していきます。

傷まないように
おいしさを損なわないように保存したいですね。

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」