トマト

トマトの選び方!おいしいトマトはどれですか?

トマトの選び方


どれもおいしそうに見えるトマト。

今回お伝えしたいのは、新鮮でおいしいトマトの選び方です!

体にいいトマト、できればおいしく食べたいですよね。

おいしいトマトを選べるようになると、体にいいトマトを食べる機会が増えますし、おいしいと感じながらトマトを食べることで、栄養が体に吸収されやすいです。

なにより、「おいしいはうれしい!」

では、おいしいトマトの選び方、スタート。

トマトの選び方、ポイント5つ

トマト選びは次の5つがポイントです。

しっかり確認して選びましょう。

 

トマトとミニトマトは選び方が違う? 甘くておいしいミニトマトはこれ!

ミニトマトの選び方
ミニトマトの選び方! ミニトマトとトマトは選び方が違う?ミニトマトの選び方はトマトと違うのか? というか、トマトは1個ずつ吟味できるけど、ミニトマトってまとめていっぱい入ってるやん…。 な...
箱入りトマト

 

  1. トマトの皮
  2. トマトのヘタ
  3. トマトの重さ
  4. トマトの形・外観
  5. 夏場のトマト選び

 

1⃣ トマトの選び方:皮

トマトの皮は、赤くて艶があるものを選びましょう。皮が透き通った感じのものは甘いトマトです。

 

下の写真のトマトの様に、皮の表面に白い点々が出ているものは甘みが少なく、やわらかめのものが多い。

トマトの表面に点々

 

2⃣ トマトの選び方:ヘタ

トマト選び用トマト1個

トマトのヘタ、注意してヘタをみることって、あまりないのでは?

新鮮なトマトは、ヘタがきれいな緑色で、勢いよくピンと張っています。ヘタが黒ずんでいる・枯れている・黄色い・しなびているものは、鮮度がおちているのでご注意。

 

3⃣ トマトの選び方:重さ

重いトマトは甘い

重いトマトは甘みが強いです。

同じ大きさのトマトがあったら、ずっしりと重いトマトの方が甘みが強い

糖度の高さと重さは比例しているとか。




 

4⃣ トマトの形・トマトの外観

形よいトマト

トマトの形

トマトは形のよいものがオススメ。

トマトの種類にもよりますが、基本は形の良い丸いもの、トマトの表面が固くてしっかりしているものを選びます。

トマトの外見がでこぼこだったり四角かったりだと、中身がスカスカだったり、みずみずしさもなく、おいしくないです。

 

トマトの外観

放射状筋ありトマト

トマトのお尻の部分に放射状の筋があるトマトは、糖度を蓄えていて甘いです。

この白い筋(星☆みたいなマーク)は、白さがくっきりしているほど、甘ぁ~いと言われています。

さらに、この白い星マーク、白い筋が長いとトマトの皮が厚いんです。

皮が厚い=リコピンをたくさん含んでいます。

 

Jiddy
Jiddy
リコピンをたくさん含んでいるほうが体にいいですが、私は、皮は薄めが好きです。

これはトマトに限らずですが、トマトの表面がひび割れているもの、キズが入っているものは避けます。

 

5⃣ 夏場のトマト選び

気温が25℃以上になると、トマトの糖度が上がりにくく甘さに限りがあります。

地元の完熟後に収穫された甘みたっぷりのトマトや、高地で育てられたトマトを選ぶと夏も甘いトマトに出会えます。

 

【トマトの選び方】まとめ

新鮮で甘いトマト

トマト選びはこの5つのポイントをチェック

  1. 皮:皮がつやがあって、しっかり赤いもの
  2. ヘタ:ピンとしていて緑色のもの
  3. 重さ:重いものを選ぶ
  4. 形:丸くて表面が固い物
    外観:トマトのお尻部分に放射線状の筋があるもの(筋はくっきり白いとより甘い)
  5. 夏場のトマト:25℃以上になるとトマトの糖度が上がりにくくなるので、地元の完熟後収穫のトマトや、高地で育てられたトマトを選ぶ

 

本当に甘いトマトにいつか出会えますように。

 

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」