ブロッコリー

ブロッコリーのゆで方! レンジ・フライパンどっちもあり?

ブロッコリーゆで方


生まれてこのかた、これまで何度もブロッコリーをゆでてきたのですが…。

そのたび、「まぁ、こんなもんかな。」とブロッコリーをゆでる分数もあいまいでした。

結果、
「今日はなんかコリコリしてて固いな。」

「う~ん、いい感じ。」

こんな時もあれば、ざるにあげたとたん、ブロッコリーがポロポロとくずれたり、お箸で持つと原形をとどめていなかったり。

その度に、「次は、ちゃんと調べてブロッコリーゆでようっと。」そう思いながら、今日を迎えました。

ブロッコリーのゆで時間、今さらながらお伝えします。




ブロッコリーのゆで方2種類+レンチン

ブロッコリーのゆで方は2種類。番外編としてブロッコリーのレンジ加熱をお伝えします。

①ブロッコリーの蒸し煮

②ブロッコリーをお鍋で塩ゆで

③番外編:レンジでブロッコリーを加熱する方法もある

気になるゆで方を試してみて、自分の好みのブロッコリーのゆで方、ゆで具合を確実に。

ガスコンロやIHによってもゆでる時間は異なりますので、ゆで時間は目安になります。

①ブロッコリーの蒸し煮(蒸気が出たら弱火で3分+1分蒸らす)

ブロッコリーの蒸し煮なら、

蒸気が出始めたら、弱火にして3分。火を止めてふたをしたまま1分蒸らす。

ブロッコリーの蒸し煮はいろんなやり方がありますが、かんたんな蒸し煮をお伝えします。

用意するもの 

・フライパン(ふた付き)
・ブロッコリー1株
・水大さじ3杯
・塩ふたつまみ(小さじ半分)をご用意。 ※お好みで調節を。

ひとつまみは親指、人差し指、中指の3本で軽くつまんだ量です。

うちはオリーブオイル(ひとたらし/aboutです)も入れます。

オリーブオイルはお好みで。入れなくてもいいです。
オリーブオイルを入れて舌ざわりをなめらかに、パサパサ感をなくします。

ブロッコリーの切り方、洗い方! ブロッコリーの下処理のしかた ブロッコリー、ゆでる前や調理する前、洗うことを知りませんでした。 エーっ!って思うかもしれませんが、誰も教えてくれなかったので…(...

蒸し煮の手順

1⃣フライパンにブロッコリーを入れ、お水大さじ3杯を回し入れる。

2⃣塩ふたつまみ(小さじ半分)を入れる。(うちは+オリーブオイルひとたらし)
ひとつまみは親指、人差し指、中指の3本で軽くつまんだ量です。

3⃣鍋にふたをして強火。

4⃣蒸気が出始めたら、弱火にして3分。

5⃣火を止めてふたをしたまま1分蒸らす。

6⃣ざるにあけて冷ます。

やや硬めの食感のできあがりです。

やわらかめのブロッコリーがいい方は、蒸らす時間やお水を少し足して、蒸す時間の調節を。

※硬めなので、あたたかいシチューやスープの具に足すことができます。

※大きさやブロッコリーによっても できあがりに若干違いはあります。

蒸し煮のいいとこ 

ブロッコリーの蒸し煮は
少量のお湯で時短で仕上げられる。

ブロッコリーのうまみが凝縮されて本来の甘みを感じることができます。
そして、ブロッコリーが水っぽくない。

 

蒸しあがったら、水につけずに冷まします。
水に浸けると、つぼみが水を含み水っぽい仕上がりになってしまいます。

次にゆで方2種類め

ブロッコリーを「鍋で塩ゆで」の方法についてお伝えします。

②ブロッコリーを鍋で塩ゆで(タイマーを使って2~6分ゆでる)

 

ブロッコリーをお湯でゆで上げると、ホクホク感があるゆで上がりに。

ブロッコリーをお鍋で塩ゆでする場合は、

タイマーを使わず固ゆでか、タイマーを使って2~6分の間でやわらかくゆでる。


水の量が多いので、塩を入れることでブロッコリーの緑色を安定させて、水っぽさを軽減、栄養が流れ出るのを防ぎます。

塩の量はお湯の1~2%が目安です。
(お塩の量は、情報がまちまちなので、上記1~2%の分量を目安にして調節して下さい。お湯500㏄に小さじ1杯のお塩でお湯の1%です。塩分の気になる方は控えめに。)

では、次からブロッコリーのお鍋でのゆで方、ゆで時間の説明です。

お鍋で塩ゆで/タイマーを使わない場合

ゆで時間 その1 (タイマーを使わず、ブロッコリー硬めの仕上がり)

最初から最後まで強火のまま。

 

1⃣鍋のお水を沸騰させて塩を入れる。
ブロッコリーのつぼみが完全にお湯に浸からなくても蒸気で加熱されるので、お湯の量はあまり気にせずに。

2⃣ブロッコリーを投入。茎を一番に入れ、30秒ほどゆでる。次に房の大きいところ、小さい房を順に入れてふたをする。

3⃣ブロッコリーを全部入れてから、鍋全体のブロッコリーがグラグラと揺れてしっかり再沸騰したら、火を止めてざるやお皿にあげて冷ます。

*硬めのゆで上がり(特に茎の部分)でかみごたえあり。
*ブロッコリーの青味、野菜らしさを感じられます。
*つぼみも茎もやわらかめ希望なら、時間を計るのが確実。

お鍋で塩ゆで/タイマーを使う場合

ゆで時間 その2  (ゆであがりやわらかめで、タイマー・計測が面倒でない方)

最初から最後まで強火のまま。

 

1⃣鍋のお水を沸騰させて塩を入れる。
ブロッコリーのつぼみが完全にお湯に浸からなくても蒸気で加熱されるので、お湯の量はあまり気にせずに。

2⃣ブロッコリーを投入。茎を一番に入れ、30秒ほどゆでる。次に房の大きいところ、小さい房を順に入れてふたをする。

3⃣ブロッコリーを全部入れてから、タイマーで測って好みのゆで具合にします。

沸騰してからのゆで時間の目安

沸騰して2分
まだやや硬めでシャクシャクした食感です。

沸騰して3~4分 
柔らかな歯ざわりで甘みがでています。たくさんブロッコリーを食べたいときにちょうどいいやわらかさ。

沸騰して5~6分 口当たりがかなり優しい。離乳食にも使えるゆであがりで、お箸でくずせます。ブロッコリーの青味もだいぶなくなっていて、野菜が苦手な人も食べられるかも。

*好みの硬さにゆであがったら、お皿やざるにあけて冷ます。

自分の好みのゆで上がりを知るために、最初は、茎の部分に竹串をさして ゆで具合を確認してみると目安が見えてきます。


蒸し煮と同様、ゆで上がったら水にさらさないで、お皿やざるにあけて冷まします。




③番外編:レンジでブロッコリーを加熱する方法もある

レンジでブロッコリー加熱なら、1分30秒~3分の間で固ゆでからやわらかめまで。

最近、材料をいれたらレンジにお任せの「レンチンクッキング」が大人気です。

私もいろんな料理家さんのレシピでおいしく楽しく食べています。

用意するもの

  • 耐熱容器(ガラス・陶磁器・プラスチックなど)
    ない場合は、一般の陶器を代用できます。
    ただし、金色や銀色、その他色つきのイラスト、柄、飾りを含むものは、レンジ内で火花が散ったりこげつきを起こすことがあります。

  • ブロッコリー適量(耐熱容器にほどよく入る量)

  • お水(ブロッコリーをくぐらせる程度)

  • 塩ふたつまみ(小さじ半分)をご用意。 ※お好みで調節を。
    ひとつまみは親指、人差し指、中指の3本で軽くつまんだ量です

ブロッコリーのレンジ加熱

1⃣小房にわけて切ったブロッコリーを水にくぐらせて耐熱容器に入れる。

2⃣塩ふたつまみ(小さじ半分)を入れる。※ひとつまみは親指、人差し指、中指の3本で軽くつまんだ量です

3⃣ふわっとラップをかけてレンジ(600W)でチン。

4⃣湯が残っていたら捨てる。

ブロッコリー1株使用

  • レンジ1分30秒~2分くらい加熱 やや硬め
  • レンジ3分くらい やわらかめ

 

目安にしてレンジ加熱時間を調整して下さい。

加熱後のブロッコリーの保存

加熱・ゆでたブロッコリーの冷凍保存はおすすめしません。加熱後に冷凍すると、つぼみが水分を含んで、食べるときに水っぽくなりがちです。

ブロッコリーの保存方法! ブロッコリーの日持ちは保存で変わる? ブロッコリーの日持ち、 買ってきてそのまんまを冷蔵庫に入れる ⇒日持ちはたった2~3日間。 ブロッコリーの保存方法について記し...
ゆでたブロッコリー

【 ブロッコリーのゆで方 】まとめ

ブロッコリーのゆで方は2通り+1レンジ加熱

 

 蒸し煮タイプ
ブロッコリーが水っぽいのは遠慮したい方、シャキシャキ食感のブロッコリーを味わいたい方は、蒸し煮タイプ。

蒸気が出始めたら、弱火にして3分。火を止めてふたをしたまま1分蒸らす。

お鍋で塩ゆで
ブロッコリーのやわらかい食感をお好みの方は、お鍋で塩ゆでタイプ。

タイマーを使わず固ゆでか、タイマーを使って2~6分の間でやわらかくゆでる。

レンジでブロッコリー加熱
火を使わずに材料を入れてレンジ任せがいい人はレンジ加熱。

600Wでレンチン、1分30秒~3分の間で固ゆでからやわらかめまで。


ご家庭のガスコンロやIHによってもゆでる時間は異なりますので、ゆで時間などは目安になります。

どのブロッコリーのゆで方・レンジ加熱も、ゆで上がりは水に浸けない、水にさらさない!!

ブロッコリーのつぼみが水を含んで、ベタベタ水っぽくなります。

やわらかいのが好きな方は、好みのゆで具合でかまいませんが、ブロッコリーは長くゆでると傷みやすくなりますので、早めに食べきりましょう。

ゆでたブロッコリーの冷凍保存は、水っぽくなるのでおすすめしません。

自分の調理のしやすいブロッコリーのゆで方を見つける、自分好みのブロッコリーの食感でゆでれるようになると、またお料理や食べることが楽しくなります!

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」