じゃがいも

じゃがいもの冷凍保存の方法


じゃがいもってけっこう日持ちするから、わざわざ冷凍しなくてもいいのではないか⁈

私、じゃがいもの保存のしかたを調べていてそう思いました。

 

しかし、じゃがいもはうまく保存しないと芽が生えるし、緑色(緑化)も進むし、後から芽や緑化部分をそぎ落とすのが面倒だったりします。(かなり面倒がり…)

芽や緑化したところをそぎ落としていくと、食べられる部分も少なくなるし。

 

下ごしらえして冷凍保存できたら、じゃがいもをムダにしなくてもいいのにと思うことが今までありました。

 

そこで、じゃがいもは冷凍してもいいのか、できるのか、できるならどうやって冷凍するのかをお伝えします。




じゃがいも、冷凍してもいいのか?

イエス! じゃがいも冷凍できます。

2種の冷凍保存をお伝えします。

生のじゃがいもの冷凍

「じゃがいもは加熱してから冷凍する。」

今まではそれが常識でしたが、最近はそれにこだわらずとも、冷凍室の冷凍機能が上がっているので、じゃがいもの品質は保たれるようです。

「生のじゃがいもを自由にカットして冷凍⇒使いたいときに凍ったまま調理」

こんなふうに様変わりしてきています。

 

➀生のじゃがいもをカットして冷凍

 

1⃣じゃがいもを好みの状態にカットします。

皮つき、皮をむいたもの、お好みで。

一口大、細切りに輪切り、くし形など自由に。どのカットでも影響なしです。

 

ただし、炒め物の場合は細切りがいいです。

火の通りが早く、じゃがいものシャキシャキ感も残ります。

 

2⃣じゃがいもを水に浸してアクを抜く。

じゃがいもを水にさらすのは、5分~10分。 じゃがいもの苦み・えぐみがやわらぎます。芽を取り除いたあたりの残った毒素(ソラニン)も流れます。

10分を超えて水に浸けると、必要な栄養素も水に流れてしまうので、浸ける時間に注意。

 

2⃣じゃがいもをカットしたら、水気をキッチンペーパーなどで拭き取ります。

しっかり水気を取り去るのがベストですが、私は大雑把なので、さっと拭き取り。

(しっかり水気を拭き取ることで、じゃがいもがくっつくのを防ぎます。)

 

3⃣ジッパーつき保存袋(冷凍用)にカットしたじゃがいもを入れて、空気をしっかり抜いて密閉したら冷凍庫へ。

じゃがいもどうしがくっついて凍らないように注意。

くっついて固まる前に、そこそこじゃがいもが冷凍状態になったら、じゃがいもを軽くたたいてばらして凍らせましょう。

 

※カレーなど、材料として加熱されたじゃがいもの冷凍は、解凍時に水分が抜けてパサパサになりおいしくないので、冷凍不可です。

 

カットして冷凍保存したじゃがいもは、凍ったまま調理

煮ものやスープには、煮くずれしやすいので冷凍のまま最後のほうに加えます。

 

私は、あまり生のじゃがいもを冷凍しないのですが、冷凍した生じゃがいもを実際に使うときは、まずゆでるか蒸し煮にします。

 

生からの冷凍じゃがいもを、ゆでるか蒸し煮にしてから調理すると、違和感なく食べられます。

ただ、生からの冷凍じゃがいもを凍ったままで、いきなり揚げた場合は、食感がよくない感じがします。(私の主観ですが。)

じゃがいもがざらついているような舌ざわり、食感。ホクホク感はほど遠い感じがします。(主観ですが。)

 

急速冷凍すればまた何かが違うかも…と思っています。

 

急速冷凍のしかた、研究中です。

急速冷凍のしかたを実践してから、急速冷凍についてはまとめます。

➁生のまま、皮つき丸ごとのじゃがいもの冷凍

これ、不可能だと思っていましたが、冷凍しても大丈夫だという情報を得ました。

 

 この部分、方法などの記事を削除しました。

⇒何度かやってみましたが、私には自然解凍の状態のタイミングを計るのが難しく、おいしくホクホク状態で食べることが実現しなかったため。

(じゃがいも全体を自然解凍すると、じゃがいもから茶色い水が出てきて使えそうな感じがしませんでした。)

 

ゆでたじゃがいもの冷凍保存

ゆでたじゃがいもは、つぶしてマッシュポテトにして保存します。

マッシュポテトはしっかり冷ましてじゃがいもの水分を飛ばしてから冷凍します。

 

ポテトサラダのように野菜類が入ったマッシュポテト系は、野菜から水分が出て水っぽくなるので、必ずじゃがいもだけのマッシュポテトを冷凍します。

マッシュポテトにしての冷凍保存のしかた

1⃣じゃがいもが熱いうちにマッシュ状にする。(じゃがいもが冷めるとつぶしにくくなるため。)

この段階で塩こしょうで味を調えておくと味がなじみます。

マッシュポテトが冷めたら、ジッパーつき保存袋(冷凍用)に入れて平らにする。

 

マッシュポテトを平らにする時はできるだけ薄く平らにして、包丁の背で線を入れて区切っておきます。

区切り線を入れておくと、後で使うときに必要な量をポキッと折って使うことができます。

2⃣空気を抜いてジッパーを閉じて冷凍保存。

できるだけ冷凍を強に温度を低くして急速に冷凍します。

冷凍マッシュポテトの使い方

冷凍マッシュポテトを使う量だけジッパーつき保存袋から取り出して、しっかりとラップで固く包んでレンジで解凍または加熱します。

※コロッケやいも餅など、後で加熱する料理はマッシュポテトを解凍

※ポテトサラダのように再加熱しない料理は、マッシュポテトを加熱して温め、冷ましてから調理します。

 

 

冷凍マッシュポテトは、加熱しないとザラついた食感になって、じゃがいものなめらかさを感じにくくなります。

 

マッシュポテトは、冷ましてからポテトサラダ、コロッケ、じゃがいも餅、ポタージュなどに活用を。

(コロッケの場合は、マッシュポテトにして味つけ・材料を混ぜてから冷凍すると、解凍してすぐに成型して使えます。)




じゃがいも冷凍保存期限

冷凍じゃがいもは、約1か月保存可能です。約1か月を目安に使い切れば、品質が劣化することなく食べられます。

まとめると…。

 

じゃがいも、冷凍して保存することができます。

じゃがいもを冷凍する方法は2種類

  1. 生のじゃがいもをカットして冷凍
  2. 生のまま、皮つき丸ごとのじゃがいもの冷凍
  3. ゆでてマッシュポテトにしての冷凍保存

じゃがいも冷凍保存期限…約1か月

もともと日持ちするじゃがいも…冷凍することはあまりないと思いますが、大量に箱ごともらったときや、しばらくの間で食べきれないときは、じゃがいもを冷凍しておくのも一つの保存方法として有効ですね。

じゃがいもの芽が出るのがめんどう、じゃがいもが緑化するのは嫌だ、という場合に、冷凍保存するのはありだと思います。

じゃがいもの芽の除去、芽の毒をしっかり取り去る!! じゃがいもの芽には、天然毒素が含まれているとお伝えしました。 それも、ちょっとは食べていいという弱い毒素でなく、命にかかわることも...
じゃがいもが緑に?じゃがいもの緑 食べても大丈夫?緑色のじゃがいも、見かけたことはありますか? これ、じゃがいもを扱うなら知っておかねば!! 私も知らなかった、緑のじゃがいも...

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」