消費期限・賞味期限

賞味期限消費期限とは?消費期限と賞味期限の違いは何?

賞味期限と消費期限 違い


食材や食品につきものの「消費期限」と「賞味期限」

これまで疑問に感じていましたが、消費期限と賞味期限って曖昧でごちゃ混ぜになってたりしますよね。

そうなると、賞味期限消費期限とは?消費期限と賞味期限の違いは何?って思いますよね。

 

そこで今回は、「賞味期限消費期限とは?消費期限と賞味期限の違いは何?」と題してご紹介していきます。




賞味期限消費期限とは?

卵 賞味期限

消費期限とは賞味期限のこと? 

同じと思っている人はけっこう多いんだとか。

消費期限と賞味期限は内容が違います!

「賞味期限」とは

食品を開封していない状態でおいしく食べられる期限

賞味期限を過ぎると段々とおいしくなくなっていきます。

風味にこだわらなければ(多少おいしくなくても気にならないなら)、賞味期限を過ぎても食べることはできます。

ちなみに賞味期限は、風味・品質がゆっくりと低下して劣っていくものに表示されています。

 

賞味期限を過ぎたらいつまで食べられる?

賞味期限切れ、いつまで食べれる?
賞味期限切れはいつまで食べても大丈夫ですか? 賞味期限が切れたらだんだんと商品が劣化し始めるので、早めに食べたほうがいいです。 賞味期限とはなんぞやが気になるかたはこちらか...

 

賞味期限後に食べてもいい条件は2つ

賞味期限が切れても少しの間は基本的に食べられますが、条件が2つあります。

  1. 未開封の場合に限る!!
  2. 適切な保存状態に基づく!!

食品に記されている保存方法(冷暗所で保管、10℃以下で保存など)で適切に保存されていることが前提です。

賞味期限はひとつの目安なのです。

Jiddy
Jiddy
製造日がわからない場合や賞味期限を過ぎている場合、必ず、食べる前に食品の状態(見た目・におい・味など)を確認して、食べるか判断しましょう。

賞味期限は 保存方法を守ることで味が保たれる

 

メーカーからの保存方法指定

他にも

  • 常温で直射日光の当たらない場所で保管
  • 10℃以下で保存
  • 冷凍保存
  • 冷暗所保存
  • なるべく涼しいところで保存

とか、商品に保存・保管方法が表示されています。

賞味期限といっても、必ず味が保証されているワケではありません。

食品に記載されている保存方法を守ることで、おいしさが保たれます。

Jiddy
Jiddy
賞味期限を見るだけじゃなくて、保存方法もこれからはチェックしないとですね。

 

【関連】冷暗所保存とは?

冷暗所保存の冷暗所とは? 冷暗所の温度って決まってるの? 保存方法でこんな風に表記してあることがありますよね。 「光のあたらない湿気の少ない冷暗所で保存してください」 「冷暗所」とは? ...

 

【ちょっと余談】賞味期限までに3か月以上ある食品には、「年月」だけが表示される

長期保存できる 缶詰やレトルト食品、フリーズドライ食品、ポテトチップスなどのスナック・袋菓子 などがそれです。

※今は、年月だけのあいまい表記だけでなく、年月日まで書いてあるものも多くなってきています。

★年月表記の場合は、その月末までが賞味期限と考えます。

例 賞味期限 2018.8→ 2018年8月末まで

Jiddy
Jiddy
賞味期限が表示されているものは、安心して食べられる期間が長いので、このように表示されるんですね。




消費期限とは?

消費期限表示

「消費期限」とは

食品を安全に食べられる期限を指しています。

消費期限が過ぎたら食べないことをオススメします。

食品の安全性を記した消費期限なので…。

消費期限が切れたものを食べると体に変調をきたす場合もあるので、消費期限を過ぎたら、その食品の扱いは要注意です。

 

「消費期限」は腐りやすい・傷みやすい食材や食品に表示されています。

 

消費期限を過ぎたら食べないほうがいいですか?⇒ 答えは「イエス!」

消費期限切れ
Jiddy
Jiddy
消費期限を過ぎてても普通に食べる人もいます。消費期限を過ぎて、食べるか食べないかは、個人差や食べ物の種類によって差があります。

 

農林水産省でも、消費期限を過ぎたら食べないほうがいいと説明しています。

 

消費期限の表示

消費期限は、わかりやすくはっきりと年月日が表示されています。

未開封かつ製造者側が指定した保存状態において、約5日間でその品質が劣化する食品に対して消費期限が年月日で表示されます




 賞味期限と消費期限の違い

賞味期限と消費期限

 

賞味期限は

  • おいしく食べられる期限を表している
  • 期限を過ぎてもある程度の期間は食べられる
  • 傷みにくい・少しずつ傷んでいく食材食品に表示される

消費期限は

  • 安全に食べられる期間を表している
  • 傷みやすい・傷んでいくのが早い食材や食品に表示される
  • 期限を過ぎたら食べるべきではない

消費期限を過ぎたら食べないほうがいいと考えておけば大丈夫です。

消費期限を少し過ぎて食べて何も体調に変化がなかったとしても、基本的にはアウトです。体調がいい人は大丈夫でも、体が弱い・体調が良くない人は”食べ物に当たる”かも。

賞味期限は少し過ぎても大丈夫ですが、冷蔵保存が必要な食品は早く食べないといけません。

 

まとめ

賞味期限と消費期限

今回は「賞味期限消費期限とは?消費期限と賞味期限の違いは何?」と題してご紹介しました。

 賞味期限 ⇒すぐに腐らないけど期限を過ぎるとだんだんおいしくなくなる

消費期限 ⇒腐ったり傷みやすい食べ物を安全に食べられる期限

 

「消費期限」と「賞味期限」は
未開封の場合製造者側の指定する 適切な保存・保管状態において有効

 

開封済みの食材・食べ物は、賞味・消費期限にかかわらず、早めに食べる必要があります!!

「消費期限」と「賞味期限」は食品を適切に食べるための目安です。

実際には、その食材や食べ物の状態をしっかりと確認して、食べるか廃棄するかを判断することが大事です。

「賞味期限切れ」「消費期限切れ」の食品も、食べるかどうかしっかり見極めが必要です!!

 

Jiddy
Jiddy
お腹をこわしたり体調をくずしたくない、食べた後のことが気になったり、誰かに確認するならその食品は食べずに 潔くあきらめましょう。

 

「消費期限」と「賞味期限」の違いをしっかり認識することで、食べ物をむだにしない意識が強くなります。
ごみも減ってECOにもつながります。

食品ロスがかなり増大している現代ですので。

季節ごとに食材や食べ物の劣化状態も変化しますので、「消費期限」と「賞味期限」はいつも気にかけておきたいですね。

 

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」