ブロッコリー

ブロッコリーの切り方、洗い方! ブロッコリーの下処理のしかたがあります!!


ブロッコリー、ゆでる前や調理する前、洗うことを知りませんでした。

エーっ!って思うかもしれませんが、誰も教えてくれなかったので…(;^_^A

きっと、オカンは洗ってないです(;^_^A

テレビでブロッコリーには虫がいると知り、それからブロッコリーの下処理をするようになりましたので、お伝えします。

すでにご存じのかたも多いかと…。




ブロッコリーを洗い方
⇒簡単なのは、切り分ける前に水にザブン!!

ブロッコリーを先に切り分けてから洗う方も多いと思います。

私は不器用なので、ブロッコリーを切り分ける前の固まりのまま、水で洗います。

ブロッコリーは、つぼみや房の部分にごみや虫が残りやすいので、必ず水に浸けて洗います

(!! 緑色の細かいところ、つぼみだということをテレビで知る…。)

1⃣貯めたお水の中に、 ブロッコリーをつぼみからジュワーっとしっかり浸けて、しばらくそのまま浸けます。(5~10分くらい)

2⃣水中でブロッコリーの茎を振って洗います。

面倒くさがりの私は、ブロッコリーは1~2度洗いです。

 

テレビで紹介していた ブロッコリーの洗い方は、水のはいったポリ袋に入れて20分放置し、振り洗いをするのがオススメとありました。

より確実にごみや虫を取り除くためにはなんと20分間水に浸けるのか…。

ブロッコリーを浸けたまま忘れてしまいそう…。

ブロッコリーのしっかり洗い、20分間もお水に浸けてて大丈夫なのか?

ブロッコリーをゆでたあとは、水っぽくならないようにお水にさらさないけど、ブロッコリーを洗う時は、20分間もお水に浸けてて大丈夫なのか?

食材本来のもつ、雨風・虫から身を守るための天然の蝋物質(ろうぶっしつ―ワックスみたいなもんです)で自らをコーティングしているので大丈夫なんだそうです。

ブロッコリーを水に浸けるとわかります。

そのブロッコリー、お水弾いていますよ! (;^_^A

ブロッコリーを切り方
⇒ 包丁で切り分けて手で割く。4ステップで完了

決まりはありませんが、私はこんな感じでブロッコリーに包丁を入れて、ブロッコリーを分解⁈します。

4つのステップできれいに簡単にブロッコリーを切り分けられます。

 

1⃣小房を包丁で切り分ける。

2⃣切り分けた小房の大きい房は、食べやすい大きさに手で割く。

大きい房の部分は、茎にそって包丁で切り離したら、つぼみの部分を手で割きます。

手で割いた方が、つぼみのこぼれは少ない感じがします。

小房の茎が太い時は、火が通りやすいように、縦または十字に切り込みを軽く入れます。小房の大きさをそろえると、火の通りが均一になりやすいです。

3⃣ブロッコリーの茎の固い外皮を取り除く。

茎の中側の白っぽいところが見えるくらい、外側の皮を削ぎ取る。

茎の部分は、外側の皮は厚くて固く、歯ざわりもよくないので、ブロッコリーの茎の外側の皮は、そぎ落として取り除きます。

そぎ落とすと固い皮の部分を薄く取り除くことができます。

茎の白っぽいところが出るくらい皮をむくと、ゆであがりがやわらかく、甘みを感じられます。

4⃣茎の皮をむいたら食べやすく切ります。

茎を縦に切ると、茎の部分の歯ごたえを少し残せます。
茎を横に輪切りに切ると、茎の繊維がこわれてやわらかい食感になります。

茎が茶色くなっているときは、つぼみだけ使いましょう。

茎が茶色いのは成長が進んでいたり、虫に食われていたりして、茎の部分に亀裂が入ります。

茎の部分に亀裂が入り空洞ができると(スが入る)みずみずしさが失われてブロッコリーの甘みを感じられなくなり、ほどよい歯ごたえも失われます。

ブロッコリーの茎、若い頃は捨ててました…。

茎には栄養がたっぷり含まれていて、ちゃんと下準備をすれば、茎の部分が甘くてやわらかいことを悟ったのはだいぶ後…。




まとめると…。

ブロッコリーの洗い方

ボウルのたっぷりの水に、ブロッコリーを丸のまま、つぼみから浸ける。5分~10分浸けておく。

※テレビで案内していた20分しっかり浸けてブロッコリーを洗う方法もネット上で紹介されています。

ブロッコリーの切り方

小房ごとに包丁で切り分ける。
小房はできるだけ均等な大きさになるように切る。小房の茎が太めのときは、火が通りやすいように茎に十字に切り目をいれる。

ブロッコリーの茎の外側の皮をそぎ落とし、食べやすく切る。

繊維にそって縦にたんざくに切るか、
繊維の方向に逆らって輪切りにするかで食感ややわらかさに変化あり。

 

ブロッコリーの旬は肌寒さを感じる11月~春先の3月ごろ。

旬のころには大ぶりなブロッコリーも出てきます。

冬に備えてブロッコリーも収穫を前に栄養を蓄えて、味よし、中身よし、歯ごたえよしの最高のものが出回るので、旬の時期は、ブロッコリーの選び方を極めておいしいブロッコリーを食べましょう!!

食材をむだにしないために、新鮮で甘みのあるブロッコリーの選び方。

ブロッコリーの選び方!! 紫のブロッコリーがねらい目?ブロッコリー、いつもスーパーでは、もやしや じゃがいもに並んで山積みですが、どれも同じなわけがないと思います。 (安売りの商品だからこ...

 

旬の時期は、産地直送のものをぜいたくに頂くのもありです。

食べ物から活力、パワーを授かることができます。自然の力を取り込みたいですね。

毎日の食事…「 今日もいのちをいただきます。毎日食べられる幸せに感謝  」